酒 早漏

事前にお酒を飲めば、早漏を防止できるの?

 

セックスの前にアルコールを身体に摂り込んでおくと早漏になりにくくなる
という噂がありますが、それは本当なのでしょうか。

 

 

いいえ。
アルコールを摂取しても早漏が改善しない可能性が高いですし、
むしろ早漏が酷くなる恐れがあります。

 

お酒には気持ちを落ち着ける効果があります。

 

SEXへのプレッシャーを軽くして、
すぐに発射するのを防ぐ事が期待できるという事に
恐らく間違いはありません。

 

 

交感神経が元気(=過度に緊張している)だと、
早漏になりやすくなります。
つまり、交感神経が優勢だとイキやすいというわけです。

 

ですから、早漏にならないようにするためには、
気持ちを落ち着けて副交感神経を優勢にするのが大事であると言えます。

 

アルコールを摂取すれば、気持ちが落ち着いて、
副交感神経が優勢になるので、
早漏になりにくくなるかもしれません。

 

ですので「お酒で早漏が改善できる」という噂が
100%間違いであるとは言いにくいです。

 

 

ですが、そもそもアルコールを摂取すると勃起しにくくなります。

 

これは、男性にはあえて説明せずとも分かる事だと思います。
勃起力の高い若者でさえ、深酔いすれば勃起しなくなります。

 

もしも勃起したとしても、半立ちまでが限度です。
そして半立ちになると射精しやすくなります。

 

ガチガチに勃起していると、硬い海綿体で性器が守られるので、
刺激に強くなります。

 

ですが、半立ちの場合はそのように守られる事がないので、
刺激に弱い状態に陥ってしまうのです。

 

 

まとめると、アルコールを摂取すると、勃起しにくくなり、
早漏が酷くなる恐れがある
と言えます。

 

 

以上の事から、早漏を防ぐためにお酒を摂取するのは、
私は全く推奨しませんし、セックスする事が分かっている時には、
あまりお酒を飲まないようにしています。

 

 

そもそも、このような一過性の対策を試すのではなく、
早漏を大元から改善する方が大幅に良いと感じています。